式に見合う服装にします|素敵な1日を演出するために結婚式場にもこだわりましょう

素敵な1日を演出するために結婚式場にもこだわりましょう

ウェディング

式に見合う服装にします

男の人

白色は式場で映えます

結婚式の新郎の衣装として人気があるのが、モーニングコートです。モーニングコートは昼の正礼装で、上着は黒色が一般的です。シルバーグレーやモスグリーンといった色もあります。このような黒色以外の色を着るとオシャレ度が増します。ズボンは黒色とグレーの、または白色と黒色のストライプが一般的です。モーニングコートの襟もとに飾る花のことをブートニアといいます。このブートニアは、新婦のブーケと同じ花でアレンジをするなどの工夫をこらすと素敵です。また、結婚式のお色直しとしてタキシードも人気があります。正式にはタキシードは夜の準礼装ですが、昼の披露宴やお色直しの衣装としても問題ありません。タキシードの色は新婦のドレスに合わせます。白いタキシードは結婚式の会場で映えます。

男性に人気があります

夜に行う結婚式や披露宴に招待された場合、タキシードを着用します。タキシードは黒色の上着で、襟はピークドカラーかショールカラーで拝絹がつきます。ズボンの側章は一本のみにします。また、シャツは白色のウイングカラーかレギュラーカラーにします。黒の蝶タイを着用し、カマーバンドも着用します。靴は黒色のエナメル素材のもので、オペラパンプスが正式とされています。また、カフスやタイピンは、金色や銀色、宝石入りのものをつけると華やかです。また、結婚式で父親が着る洋装としてタキシードが挙げられます。一般的なスタイルとしては、父親はモーニングコートまたはタキシード、母親は黒留袖とされています。新郎新婦よりも控えめな服装にします。